生前贈与でよくある質問とは

財産分割し長期にわたり贈与する方法は確かに手軽な相続税対策になりますが、方法により税務署に連年贈与の疑いもたれてしまうケースも。

そして毎年同額の財産10年間贈与し続ければ財産分割し贈与したとみなされて贈与税発生する恐れもあります。

こうした事態防ぐには毎年違った金額の贈与したり、贈与時期ずらす工夫が必要になってくるのです。

税務署は相続税に関して相談窓口があって、生前贈与について相談して見てください。基本的に無料で相談に乗ってくれて、電話相談以外に直接訪問し相談してみることもできます。

そのとき電話で日時予約しておくこと。そして、費用がかかるのですが、税理士に相談してみる方法も。

節税について適切な提案してくれて相続税なるべく抑えたい人にピッタリです。そして親が子の名義の通帳預金していて、生前贈与と認められるのかですが、親が子供の名義仮預金していただけと判断されて、親の財産とみなされることになります。

PR|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話|オーディオ|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|住宅リフォーム総合情報|SEOアクセスアップ相互リンク集|工務店向け集客ノウハウ|内職 アルバイト|JALカード|お家の見直ししま専科|四季の童話集|お小遣いNET|

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る