父から年間110万円贈与してもらっています

父が75歳を超え、終活として財産の整理を始めました。

財産は不動産や株などがあり、不動産は家賃収入がありましたが売却し、株も頃合を見ながら売っているようです。

そうして現金にしたものを贈与として子どもである私や姉、そして孫に振り込んでくれるようになりました。贈与は1人110万円ずつなら税金がかからないことになっています。

そのため私と姉、そして2人の孫に昨年、今年と贈与してくれました。

まだ小学生の子どもには教育資金として有難く、また姉と私は住宅ローンの繰上げとして使わせてもらいました。

住宅ローンは繰上げをすればするぼど利子が減っていくので、父の死後に相続するよりもとても助かります。そして相続税は、親子の場合は課税の対象になるケースもあるため、贈与として税金のかからない110万円を先にもらうのは節税にもなります。

死後に財産のことで面倒なことにならないようにと、しっかりしている70代の今から取り組んでくれている父に感謝しています。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る