生前贈与で最近の傾向とは

生前贈与は生きてるうち自分の財産分け与えますが、通常なら遺産相続時に相続税が発生します。

生前贈与は相続時に発生の税期のさえるのを目的にされます。そして相続人同士争い防ぐためできた制度で、贈与できるものは現金、土地、建物などあるのです。相続税はさあ遺産相続する方に課される税金であり、その額は遺産の評価額により決められます。

一方で贈与税は贈与受けた方が、その年の1月1日から12月31日までに贈与された財産に対し課税されます。

そして、通常贈与税は相続税より高額で、非課税制度利用するのが一般的。1年間に贈与された財産の合計額110万円以下なら、贈与税かからず、この制度利用し何年かかけ相続財産非課税で受け取れます。

また、生前贈与の税率ですが、相続税の税率よりはるか高く設定されてますが、最近税制改正が続き、生前贈与奨励の動きが高まっています。そして平成25年の税制改正により贈与税見直しされて以来生前贈与に関心持ってる方が増えています。

投稿を作成しました 33

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る