生前贈与で注意すべきこと

生前贈与はただ財産わたせばいいといったことではないです。

生前贈与した分は相続税対象から外れますが、贈与税対象になります。さらに贈与制度理解しなくては必要以上に税金増えたり、贈与無効になってしまうこともあります。

そして有益な贈与をするとき弁護士の協力の下でやりましょう。そして、相続と一緒に財産受け継がせるための選択肢になる生前贈与ですが、これは法律にはなくて、そもそも贈与は人から人に財産与える契約であり、お互い生きなくてなくては成立しません。

そして一般に使用される生前贈与は相続を視野に入れて選択する贈与といった理解でよいです。

贈与する方を贈与者、受ける方を受贈者といって、贈与は契約ということを忘れないでください。親、祖父母が一方的に子、孫に財産贈与したいといっても受贈者側の了承ないと無効となります。贈与したとき相続税代わりに贈与税かかって、課税される額も計算法も異なってどれも知っておきたいです。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る