生前贈与で知って得することとは

被相続人の死後財産相続するより税金減らせる可能性あるといったことが生前贈与のメリットになります。

そして贈与税軽減のための制度たくさんありますが、その内容をしっかり把握しないまま生前贈与をすれば相続税りょりずっと高額な贈与税発生します。

そして生前贈与する財産が土地、不動さんであった時名義変更必要で、その時費用発生するということもデメリットです。そして、一般贈与は毎年贈与する方法であり、1年を区切りとして計算して暦年課税と呼ばれています。

贈与を受ける方に対し年間110万円の基礎控除も受けられるといった仕組みとなります。毎年110万円以下ずつなら何年かけて受け取っても贈与税0円ということになるのです。

申告も不要であり、贈与者について制限なくし損以外に財産渡すことが可能です。ですが、受贈者は受け取った財産そのまま貯めないで消費や別のに変えたりしなくてはならないという決まりがあって注意しましょう。毎年贈与契約書作成する必要が出てきます。

投稿を作成しました 33

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る