財産が贈与されることは基本的に

財産を贈与されるというのは自分で税金を支払うということにもなりますから、そこが嫌だということもあるでしょうが、そもそも贈与はこちらが一方的に受け取ることができるわけですから、お得なことしかないです。

非課税で受け取ることもできる金額もあるので財産がそれなりにあるのであれば、そうした方が良いということがあります。

相続税対策の一つとして既に確立されている方法であり、別に脱税をしているというわけではありませんし、制度的に問題はないです。

贈与された金額なのですが、それは年間で110万円ということが非課税としては決まっています。

つまりは、不動産は非常にきついということになります。もちろんその程度の金額の不動産がないというわけではないのですが普通は現金ということになるでしょう。どうせ贈与されるのであればその現金を年に110万円までにと考えているのです。そうはいっても受け取る機会なんてものはなく、願望の一つです。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る