贈与をすると言う事にはメリットがあります

遺産として渡すことよりも贈与という形で受け取ることの方がメリットがあったりすることがあります。

もちろん、女性にそのまま渡すだけではなく様々な制度を利用してということになりますから、それを十分に期待しておきたいところでしょう。

しかし別に法定相続人に贈与をしなければならないというわけでもありませんから、もし自分に財産があれば様々な人たちに贈るというのも一つの手ではあるでしょう。

具体的にいいますと何か公共的に役に立っているところにするとか、そのような考え方があるわけです。

贈与というのは非課税で渡すことができる枠もしっかりとありますから、それだけを消化していくということも実はかなり行われていることであり、それによって相続財産を減らすということを狙ってやっているわけです。

親なり祖父母なりがお金持ちであれば何かしら対策をしている可能性がありますし、自分の通帳にお金が入っていたなんてこともあったりします。一人当たりの非課税枠になりますから法定相続人全員に贈与ということができるんです。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る